2015-02-24-143355.jpg
分類 機動戦艦
艦級 アンタレス級
所属 第三番調査船団ソーン第104独立遊撃部隊(旗艦)
開発 GRM テラノワークス ヨウメイ クバラ 共同開発
全長 約1500m
全幅 約650m
武装
2連装式高フォトン収束火線砲x6 単装リニアカノンx8
艦橋後方ミサイルx12(対空ミサイル迎撃専用)
艦尾大型ミサイル発射管x24(対艦ミサイル 対空防御ミサイル
大気圏内用ミサイル 榴散弾ミサイル)
強化型フォトンシールド
フォトンバスターキャノンx2
艦長 カリーニン大佐
  
 ウィスティリア号の強化プランの1つ
もともと輸送艦であったウィスティリア号を完全に戦闘用に考えられたもの。
絶大な威力を持つがチャージに時間のかかるハイパーフォトンブラスターキャノンを
撤去し代わりに威力は下がるがチャージが短く連射がきくフォトンバスターキャノンに、
その他の武装はより強力なものに変更されている。
武装強化の過程で外見の大きな変化と艦全体が大型化されているのも特徴である。
これにより単艦で一個艦隊に匹敵する火力を持つことになった。
さらに最新型のフォトンシールドや迎撃システムが装備されており、
ウィスティリア号の弱点だった防御力の低さを完全に克服している。
戦闘面に特化しているが輸送艦としての機能は特には下がっておらず
全体的な性能面でみればもとの艦より大幅に強化されている。
 しかし、ある事件の決戦前で時間が無かったのと莫大なコストと
現状の艦でも十分強力という理由で本プランは白紙へと戻されている。


 どうも皆さん、おはこんばんにちは。
ヴィスです。
いつになったら本編を書くんだよ!って言われそうなほど
待たせてる気がします(´·ω·`)
もうしばらくお待ちくださいm(_ _)m
 えーと今回はウィスティリア号の強化プランってことで
絵を書いて見ました。残念ながら本編のほうでは
没となってしまったのでもったいないからあげてみました。
ウィスティリア号の原形ねぇよって意見は受け付けませんので悪しからず。
艦に104って数字描いてますけど今思えばPSO2の世界の文字で
描けば良かったと若干後悔...
では次回また会いましょう。  
ほんじゃ、待ったな~

 
スポンサーサイト

2015-07-27-132159.jpg
ウォルガーダ VS A・I・S
 どうも皆さん、おはこんばんにちわ。
ヴィスです。
はい、まさかの連投です。
場面的には市民がウォルガーダに襲われそうそうになったところを
颯爽と現れたA・I・Sが肘うちで殴り飛ばすといったところでしょうか。
てか、いまいち絵が伝わりずらいかな...
これ、本当は挿絵候補でしたが、諸事情によりボツりました。
まあ、こんな下手な絵を載せたところでって話ですが。
では今回はこの辺で、
ほんじゃ、またな!

2015-07-27-132116.jpg
PS634J アトラス 
製造 テラノ・ワークス
全高 5.6m
重量 6.4t
動力源 フォトンエンジン
最大稼働時間 20時間
最高自走速度 50km/h
最大跳躍力 16m
固定武装 なし
基本携帯火器 なし

 A・I・Sの技術が発展した過程で、その技術を民間転用して開発された重機
それがパワーシルエット、通称P・Sである。操縦法は一般的なA・I・Sと大差ない。
 本機体はそのなかでも操縦性、生産性、整備性の三拍子が揃った
ベストセラーとなった機体である。
 先進素材である人工筋肉などをほとんど使っておらず
油圧機構を中心とした従来じ土木重機の技術でなりたっており、
A・I・Sに比べ大幅なコストダウンに成功している。
(ただし制御技術はA・I・Sからのフィードバックが大きい)
 既存の土木用重機よりも割高ではあるが、
初期コスト、稼働コストを含めて現実的なレベルで民生商業が
運用できるようになったこの機体の評価はきわめて高い。
リリーパ採掘場ではアトラスはP・Sの代名詞として
知られているくらいである。
腕部のアタッチメントバリエーションも豊富で
様々な仕事に対応可能なこの機体は不整地での
作業で大きな強みを見せてくれる。
 いくつかバリエーションも存在し
脚部がキャタピラ式に換装されているものや
A・I・Sの練習用機など様々である。
 コスト最優先・安全性最優先の設計思想なため、
A・I・Sとの性能差は言うまでもないレベル。
そもそも戦闘そのものが想定されていない。




 どうも皆さん、おはこんばんにちわ。
ヴィスです。
いやあ、久々にイラストを描きましたね。
人形重機パワーシルエットですがA・I・Sが発展した
世界というかアークスような高い技術力がある世界なら
それなりに開発、普及していたのではないかと思い、
思いきって設定してみちゃいました。
しかし、みれば見るほど重機というより
そのまま戦闘ロボットにでもなりそうですね(笑)
まあ、そこは私の想像力がないということで
多目に見てください。
 では今回はこの辺で
ほんじゃ、またな!

2015-02-09-173009.jpg
製造 GRM社
全高 9.6m
重量 9.8t
動力源 フォトンリアクター
最大作戦行動時間 10時間
最高自走速度 190km
最大跳躍高 33m
固定武装 15.8mm重機関銃M3 x1 非物体フォトンセイバーx1
基本携帯火器
40mmソリッドバルカン フォトンセイバー フォトングレネード
フォトンブリザード フォトンブラスターキャノン

機体解説
『若人』の動きが活発化し、大型ダーカーとの戦闘する機会が増え、
それに対向すべくアークス上層部は『A・I・S計画』
(Arks Interception Silhoaette(アークス インターセプション シルエット))
を始動した。
その試作第1号機がこの『プロト・オリジン』である。
コスト度外視で製造された本機は
並みのアークスを越える機動力、攻撃力、防御力を得ることに
成功した。
試験的に装備された非物体フォトンセイバーは
厚い鉄板すらも易々と切り裂くが
欠点として非常に燃費が悪く連続使用時間は10分と短い。
なお、操縦系統はアークス戦闘機のコンセプトを
そのまま受け継いでいる。
(これはフォトンを使えないアークスでも扱えるようにするためと
パイロット育成の手間を省くためである)

試験運転のため本機は第104独立遊撃隊『グリシーヌ』に譲渡されるが
搬入中にダーカーの襲撃を受け、偶然そこにいた作業員が搭乗し出撃する。
ウォルガーダの強化型個体であるアロナガーダとの
激しい戦闘の末アロナガーダを撃破するも本機は大破した。
しかし、素人が動かしても高い性能が出せたことから、
本機体の高いポテンシャルがうかがえる。




どうもみなさん。おはこんばにちは。
ヴィス デース。
はい、オリジナルAIS第1弾です。
外伝で出てたやつですね。
ゲームの重装甲でゴツゴツしたのも好みなんですが、
私はこんなスッキリしたシルエットも結構好きです。
第2弾も描く機会があったら描きたいな~
では今回はこのへんで

ほんじゃ、またな!



メリークリスマス!!
どうもみなさんおはこんばにちは。
ヴィスですよー
今回はクリスマスということらしいのでなんとなくイラストを描いてみました。
まずはこの人
2014-12-25-182420.jpg
誰この人?っていう人もいるかもしれません。
この人は私の小説で出ているウィスティリア号艦長のカリーニンさんです。
vitaのカメラやっぱり画質悪いなー....

お次はこちら
2014-12-25-182711.jpg
(左から スレイ セバスチン サトリン サトニー)
チームルームのバーで仕事をしてる様子を想像して描きました。
ちなみにスレイちゃんが右手に持っている棒はアイスピック 
セバスチンが手に持ってるのは光源のせいで見えにくいですがグラスです。
サトニー&サトリンは前回の集合絵でちゃんと描けなかったので
再登場です。

ではみなさん幸せなクリスマスを!

ほんじゃ、またな!(^^ゞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。