FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 「うー・・・」
 アレックスが目を覚ますと、そこは彼女の記憶にない薄暗い狭い部屋の中だった。
「どこ、ここ?ってあれ?動けない~」
 みると自身の身体はロープで完全に身動きを封じられていたのだ。
不意に部屋の外から声が聞こえてくる。
アレックスは息をじっと殺して耳を澄ませた。
「おいお前、あの眼帯バンダナラッピー野郎に手紙は送ったか?」
 野太い男の声が手下らしい相手とはんしてるようだ。
(眼帯バンダナラッピー?教官のこと?)
「へい、今頃あいつはびっくりしてるんじゃないですかね?」
「かもな、どれお嬢さんの様子でも見てみるか」
(やばっ・・!)
 咄嗟にアレックスは寝たふりをする。男が部屋の中に入ってくる。
「まだ、寝てるかちと薬をかがせすぎちまったかな?
まあいい、お嬢さんには何の恨みもないんだが
俺たちの小遣い稼ぎに付き合ってくれな。
恨むならあの鳥野郎を恨んでくれな?」
 そういって男は部屋から出て行った。
「いった・・・よね?」
 やり過ごしたアレックスはこうなった経緯を少しずつ思い出していた。
「ああ、メンちゃんとスレイとでラピケットに行ってただけなのになんで私だけ・・・」
 
 今から約数時間前のことであるー

 「へぇ~ここが噂のラピケット・・・なんていうか・・すごいね」
 目の前に大量のラッピーたちがきゅっきゅきゅっきゅ言ってる
様子を見てメンは若干引き気味でそう言った。
当然の反応だろうとスレイやアレックスは思った。
こんな光景を困惑しない人がいるはずがないと
「心なしか、前回来た時よりも増えてるわね・・・・・」
現に今回で既に経験済みのスレイが前回開催されたときよりも
増えたラッピーに当惑気味だ。
 しかし、そんな中に強者はいた。
「やー、かわいい~っ!」
 身をよじらせながら喜んでいるのが最近104部隊に入隊した
新人のミュウ=チャンだ。
 さっきからラッピーが目の前を通るたびに飛びつこうとして、
それをスレイが止めるの繰り返しだ。
「ミュウちゃん、すごいね・・・」
「あの子、大物になるわきっと」
 アレックスとメンがそんなことを話しているとー
「きゅっ!」
 スタンダードの見慣れた黄色の羽毛に左目に眼帯、頭にバンダナを
巻いたラッピーがキュッキュッと近づいてきた。
「だ、誰?」
 メンは一瞬警戒するが、アレックスには誰かは一瞬で見抜いていた。
「スネーク教官だ!『よく来たな、お前たち』だって」
 目の前のスネークラッピー(以後蛇ラッピー)は『正解だ』
とでもいうように大きくうなづいてみせた。
「あなたが、ラッピー語を理解できるって話は本当だったんだ」
 メンも少し驚いている様子だった。
そこにミュウに背中に抱き着かれて若干困った顔をした
フログがペタペタとやってきた。
「もふもふ~」
「ゲコゲコきゅっきゅっ」
フログが蛇ラッピーに何か訴えるが、蛇ラッピーは「きゅい」
とひとこというだけだった。
「なんていったの?」
メンがアレックスにこっそりと聞いた。
「『この子、降ろしてくれないですか?疲れます』
『そのままにしてろ、周りに迷惑がかかるから』だって」
「ああ、うんそのままがいいね」
「きゅい」
蛇ラッピーがフログのリュックサックから前回と同じように
ヘッドセットの入った巾着袋をとりだし中見をみんなに配る。
「これをつけろって」
 こくこくとうなずく、蛇ラッピーの前で
みんなはヘッドセットを着けた。
『みんな、きこえるな?』
 ヘッドセットから聴き慣れたスネークの声がした。
あいかわらず目の前の蛇ラッピーは翼をパタパタとさせて
きゅいきゅい言ってるだけだったが。
『よし、中に案内するはぐれるなよ?』
「あ、教官ちょっとお手洗いいってきてもいいですか?
さっきから我慢してたんで・・・」
 アレックスがもじもじしながら言う。
『まったく・・・右側の通路をまっすぐいけばトイレはある
早くいってこい』
スネークはあきれながらそう言った。
「すぐ戻りまーす」
かけあしでトイレへと向かったアレックスだった。

事件はその数分後に起こるー

<続く>




 みなさん、おはこんばんにちは。
ヴィスです。
今回は久々に自分の過去に書いた小説を見ながら
ちょっと思いついて思わず書いてみました。
相変わらず駄文脱字誤字が多いですけどね。
偉い人が言ってました。
真っ白い原稿用紙にとにかく思いついたものをかけ
気が付いたら原稿ができている。
なにも書かなきゃ真っ白なだけですもんね。
とにかく行動あるのみですね。
では短いですが今回はこの辺で
ほんじゃ、またな!(゜ω゜>)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

第104独立遊撃隊 外伝 『羽毛の逆襲』Part 2

第104独立遊撃隊 歴戦の戦士達 第二十一章「海底からの刺客」

comment iconコメント

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。