FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 104部隊と巨駆との死闘は熾烈を極めた。
エルダーはその巨大な腕からレーザーを放ち、さらに巨大な腕を振り回し仲間達を打ち据えた。
「イイゾ、イイゾ!」
奴はこの死闘を心から楽しんでいた。
「チィ、流石は40年前アークスを壊滅まで追い込んだダークファルスか!」
いつも余裕を持って戦っているユメウツツもこの時ばかりはさすがに余裕がなかった。
「ぴちゃん!ユキさん!そっち危ないよっ!」
カフカがいったと同時にピータンとユキに向かってレーザーが放たれた!
ユキは名刀『オロチアギト』の刀身でレーザーを防ぐと同時に
「破ッ!」
カウンターの要領で刀から衝撃波を打ち出した!
衝撃波はレーザーを切っていきそのままレーザーを放っていた腕を両断していた。
ピータンはウォンドを振るうと
ピータンの目の前に氷柱がいくつも落ち氷の壁を作り出した!
氷テクニック『サ・バータ』の応用技だ。
レーザーは氷の壁に阻まれ消失した。
「これ以上…」
ピータンは呟きながらウォンドからロッドにもちかえた
そしてまわりに危険な密度のフォトンが集まり出した。
「私を…」
そのフォトンはピータンのロッドに収束されていった。
「怒らせないでっ!!!!」
ピータンは叫びながらロッドをエルダーに向かって振り払った
その瞬間エルダーの頭上に巨大な炎をまとった隕石が3つ落ちてきた!
上級炎テクニック『イル・フォイエ』の三連射だ。
凄まじい爆発と爆風が辺り一面を襲った。
「ふぇ~。」
さすがのピータンも今の全力の一撃で疲れたのか膝をついてしまった。
一方のエルダーは六本あった腕の内四本を吹き飛ばされていた。
これで戦闘力も一気に落ちるだろうと思った矢先、
「面白イ、面白イゾ!烏合!!」
エルダーの歓喜に打ち震えたような叫びと共に
先程ユキの斬撃とピータンのテクニックで破壊した五本の腕が再生していき更に二本の腕が生え八本の腕になった!
「どこまでも化け物なやつめ…!」
メロは、苦虫を噛み潰したような表情でそう呟いた。
「みなさん!頑張ってください!奴もかなり消耗してますあと少しです!」
白装束を着た少年はそう激励した。
コーラルは突然フジ隊長に問いかけた。
「おい、フジお前はこいつに勝てると思うか」
「ああ、コーラル今の俺達ならやれるさ」
フジ隊長は即答した。自信に満ちた声ではっきりと。
隊長がそういうのならできるだろう。
コーラルは口の端を不敵に吊り上げた。
「奇遇だな。俺もそう思ってたところだ」
「私がいることも忘れるんじゃないよ」
クロも武器を構えながら隊長とコーラルの横に並んだ。
「うんじゃ、まあ後輩たちに先輩の戦い方ってやつをみせてやるか。」
コーラルとクロとフジ隊長の三人は巨大な悪神目掛けて駆け出した。
エルダーは向かって来る三人に向かって腕を三本つきだした
それをコーラルはステップでよけ手に持つレントオーナムにフォトンを纏わせ
つき出された一本の腕に連打した
「オラオラオラァ!」
怒涛の連打でエルダーの腕は砕け散ってしまった
クロもバク転で回避し
「無駄が多い!」
ツインマシンガンで関節部を集中的に攻撃し破壊した。
「ワンパターンなんだよ!」
フジ隊長はスライディングで回避しながらライフルにあらかじめ装填してあった
ウィークバレッドを正確にエルダーの腕に三発撃ち込んだ
ウィークバレッドとは相手の防御力を極端に低下させる特殊弾頭である。
「はぜろっ!」
そして素早くグレネードランチャーを装填し防御力が低下した腕に撃ち込み吹き飛ばした。
三人の猛撃は止まる事はなく息の合ったコンビネーションでエルダーに確実にダメージを与えていった
「こんなの見せつけられたら参加しないと勿体無いじゃないですか!」
そこに白装束の少年も青いパルチザンをもち戦闘に加わり更に攻撃は激しさを増した。
「すごい…」
もう、そこには私が入れる隙は一寸もなかった。
そして長い死闘にも終わりが告げられた
「!!、見えたっ!そこだぁぁ!!」
少年は青いパルチザンに渾身の力を注ぎ込みエルダーに投げ放った!
投げられたパルチザンは蒼い光をまとった巨大な槍となりエルダーのコアを貫いた
貫かれた瞬間エルダーの身体は崩壊していった
崩壊していく中で何か人のような影が2つ見えた気がしたが
崩壊するエルダーの身体の破片で見えなくなった
「勝った、俺達の勝利だ!」
仲間の誰かがそう言ったと同時にまわりは勝利の雄叫びをあげた。
私はみながよろこんでいるなか、謎の少年に礼を言おうとしたが彼は既に姿を消していた。
あの少年はいったい何者だったのだろうか?
その考えは後にし今はこの勝利にみんなと喜びを分かち合うことにした。
しかし、私達はまだ気づいていなかった。この戦いの裏に潜んでいた策略家の存在に…


第104独立遊撃隊 少女の記録 第一部《完》


皆さんおはこんばんにちわ
ヴィスです。
今まで応援ありがとうございました!
は、嘘で一旦区切りがよかったからここで切っちゃえと思った次第です。
第二部も既に作成していますので今後ともに応援よろしくお願いします!
次回は休憩回予定です
今回はこの辺で
またみにきてくれよな!
ほんじゃ、またな!(^^ゞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

第104独立遊撃隊 少女の記録 短編集 [104部隊の休日] 

第104独立遊撃隊 少女の記録 第十七章「深淵に到りし巨なる駆」

comment iconコメント

comment avater

ふじ

1部製作おつかーれ!

2部も期待してるよー!

2014年10月10日 13:45

comment avater

かふか

おおー!
完結したよーって聞いてたから終わっちゃったのかと思ったよーww

一部お疲れ様でしたーっ!
引き続き読みにきまーす!

2014年10月10日 17:13

comment avater

ヴィス・E・カラサワ

Re: タイトルなし

>かふか
完結したといったな、あれは嘘だ!(-ω-)
引き続き応援よろしくねー

2014年10月10日 17:44

comment avater

アークライト

先輩方が強すぎる、かっこいい!
第二部はどんな展開なんでしょうねぇ、楽しみに待ってます♪

2014年10月10日 20:05

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。