上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 どうも、みなさん。こんにちは。アレックスです。
今、あたしは座学の真っ最中です。
事の発端は教官があたしの訓練成績を見て
「アークスたるもの肉体の鍛錬のみならず頭も鍛えろ」
と言ったからである。
「はあ、なんであたしだけ・・・」
「つべこべ言ってても仕方ないだろ。
俺だってなんでこんな面倒事をしなきゃならんのだ・・・」
あたしの座学に付き合ってくれ・・・いや強制的に付き合わされた
フジ隊長が嘆く。
ちなみに今回の勉強内容は惑星間航行船団通称『オラクル』の
全調査隊船で特に優秀な者があつまる1番艦から10番艦のことについて。
話によるとこの10隻の調査隊のみ独立部隊が存在するという。
第1番艦のフェオには現在最強といわれる部隊 第01特殊部隊『シュトラール』
第2番艦 ウル は騎士道を信条としている 第94部隊『トランプ』
第3番艦 ソーンはあたしやスレイが所属している第104独立遊撃隊『グリシーヌ』
あたしたちは104部隊と言ってるけどちゃんとコードネームがあるみたい。
第4番艦 アンスール は黒い噂がたえない第44暗殺部隊『レッド』
第5番艦 ラグズ はフォースやテクターのみで編成されたテクニック部隊 第135部隊『プリエール』
第6番艦 ケン は武器やユニットに特殊な加工をすることに秀でた部隊 第66部隊『パンドラ』
第7番艦 ギョーフ はならず者が集まる傭兵部隊 第31部隊『グラオザーム』
第8番艦 ウィン はキャストのみで構成された第85特殊調査隊『ブレイカーズ』
最近入隊したライゼ君の前いた部隊だとあたしは聞いた。
第9番艦 ハガル には第71対ダーカー特殊部隊『アエロリット』だけどこの部隊前回のエルダー戦には
参加していなかったんだよね・・・・。
そして最後に第10番艦 ナウシズ はデューマンだけで編成された第07部隊『リコルヌ』
以上の10の部隊が独立部隊だそう。
それぞれの独立部隊には専用の艦まであるからびっくり。
あと全独立部隊共通にある権限が「有事の際独自で行動する権利」という
強大な権限が与えられているという。
「フジ隊長なんでこんな。権限が信用できないようなところにも
あたえられているのですか?」
フジ隊長は悩みながら答えた
「うーん、俺もそのことは考えたんだが・・・。
上の考えることはわからん。」
フジ隊長にも不明らしい。
ちなみに今のところこの権限を悪用されたことはないらしい。
さらにこの権限がもっとも恐ろしいところは六芒均衡が持つ権力
「絶対令(アビス)」が効かないということ。
ほんとになんでこんな権限を与えたのか・・・・上層部の方たちの思考は読めません。
「よし、今日の座学はこんなところでいいだろう」
「ふぇー疲れたー」
そんなことを言うあたしだがまだまだ学ぶことは山積みである。
《終》



どうも、みなさん。おはこんばんにちは。
最近更新をさぼったヴィスです。
今回の話は設定保管というかんじであまり意味はありません。
本編に関わってくるかどうかはまだ言えませんが・・・。
では、今回は早いですがこの辺で
ほんじゃ、またな!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

第104独立遊撃隊 歴戦の戦士達 第五章「アークスの陰に潜む闇」(修正版)

第104独立遊撃隊 歴戦の戦士達 第四章「創世器アトリブート」

comment iconコメント

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。